クリニックで育毛治療

最近は40代50代の中年男性だけに限らず、20代30代の若い男性も抜け毛、薄毛で悩んでいる人が増えてきました。抜け毛が気になってくると、まずシャンプーから変えていくのではないでしょうか。次に発毛剤や育毛剤ランキング男性を使用する流れではないかと思います。しかしこれらを独断の対策でしていくのは危険な行為だと言えます。抜け毛や薄毛の原因は人それぞれであり、ドラッグなどで売っている育毛剤を使用しても絶対に効果があると言い切れません。間違った使い方をすると、毛乳頭細胞を傷つけダメージを与えることになり、そこから髪の毛が生えてこなくなる場合もあります。ですので専門のクリニックで診察し治療を受けたほうがよいでしょう。
・育毛クリニック
最近はCMなどでご存知の方もいると思いますが育毛専門のクリニックもあります。抜け毛や薄毛の原因は人により異なります。そのためには自分はどのタイプの薄げなのかチェックし、改善策を講じてもらったほうがよいのです。専門のクリニックでは無料のカウンセリングも行なっています。
クリニックではカウンセリングを行い、患者にあった治療プランを考えます。もしカウンセリングで不安に思ったら、この時点で辞退することも可能です。そして診察を行い血圧測定、採血などしっかりと患者の体質を調べていきます。育毛剤や発毛剤の使用は体質により効果や副作用が異なります。
その後、内服薬や頭皮に塗る薬を処方してもらえます。
まずは無料カウンセリングから始めてみるとよいでしょう。

2014/06/30 16:15:30 |

抜け毛と育毛
抜け毛が多くなってきたと感じたら、髪の毛が生えてくることを願いますよね。どうしたら抜け毛が減り、髪の毛が増えるのか対策はあるのでしょうか。
・抜け毛の対策
髪の毛が抜けるのには様々な原因があります。日常の生活の中に原因はあります。食事、喫煙、アルコール、運動、ストレス、睡眠など何気なくしている毎日のことなのです。喫煙やアルコール、不規則な食生活など改善できるポイントはあると思います。バランスの取れた食事生活にしたり、で喫煙やタバコを控えたり、できる限りストレスを溜め込まないようにするなど改善できそうなことから始めてみてはいかがでしょうか。
食生活を改善するだけで、毛根にとって必要な栄養が送り込まれます。ミネラルやタンパク質など髪の毛にいいとされる栄養も大切なことでしょう。また、ストレスを溜めることにより、身体は血行不良を起こします。血行不良を起こすと、食事から得た栄養分を毛根まで運ぶことができなくなります。そして弱い髪の毛ばかりが生えて来るようになり、生えてもすぐに抜け落ちてしまうようになるのです。
・育毛
抜け毛が気になってきたら次は育毛について考えていかなければいけません。髪の毛を育てるのに良い方法として、まずは身近なところから食生活の改善が挙げられます。食生活など髪の毛によいとされる栄養素を取り入れ、悪いとされる刺激物などは摂らないようにすることが重要です。
また育毛剤やいくもうシャンプーを使用するなどもした方がよいでしょう。

2014/06/30 16:15:30 |

抜け毛の原因
抜け毛を見るととっても不安な気持ちになりますよね。髪の毛が減っているのではないか、そのうちハゲてしまうのではないか心配はつきないでしょう。
◎髪の毛が抜ける原因
・ストレスやメンタル面
ストレスも髪が抜ける原因になります。精神的なストレスを抱えていると、皮脂分泌の働きを活発にさせてしまいます。さらに大きなストレスが加わると、自律神経失調症に陥る可能性もでてきます。自律神経が正常に機能しないと、血管の働きが悪くなり髪の毛にも負担をかけてしまいます。
また休止期脱毛症というものもあり、ストレスにより髪の毛が抜けてしまうこともあるようです。
普段感じている何気ないストレスは大切な髪の毛にとって天敵になります。

 

・血行不良
血行不良は、ストレスからくる場合もあります。血行不良になると自律神経が乱れてしまい血液の循環に支障をきたします。そして毛根へ髪の毛に必要な栄養素が届かなくなり毛根の細胞を壊していきます。そしてその毛根からは新しい元気な髪の毛が生えてこなくなったり、生えてきてもすぐに抜けてしまうという事態になります。
・食生活の乱れ
抜け毛の原因には食事によるものもあります。身体の栄養状態が悪くなると、十分な栄養が髪の毛まで行き届かず影響を受けるのです。そして、髪の毛に栄養はなくなり、次第に抜け落ち髪の毛が薄くなっていくのです。ですので、普段の生活を見直すことも大切な事です。栄養のバランスをよくし、できれば髪の毛に良いとされるものを食べるのも良いでしょう。

2014/06/30 16:15:30 |

ヘアサイクルについて
髪の毛にはヘアサイクルというものがあります。髪の毛が生えて抜け落ちるまでの期間のことを言います。
髪の毛の周期は人により様々ですが、ある程度は決まっているようです。
・ヘアサイクル
まず髪の毛が生え成長するまでの期間を「成長期」といいます。成長期は2〜5年程あり、その間髪の毛はずっと成長し続けているのです。ヘアサイクルの85%〜90%は成長期だと言われています。このとき、毛根に必要な栄養が吸収されることによって、栄養のある髪の毛となるのです。
そして、成長期が終わると毛根の働きは衰え、衰弱していき最終的に停止し抜け毛の準備に入ります。この期間を「退行期」と言います。退行期は約2週間〜3週間ほどで、ヘアサイクルの約1%だと言われています。
その後、髪の毛は抜け始めるのです。そして新たな髪の毛を生やすための準備期間に入ります。
この期間を「休止期」と言います。休止期は約2ヶ月〜3ヶ月ほどありヘアサイクルの約15%程と言われています。
この一連のサイクル、成長期、退行期、休止期を繰り返します。このサイクルが行なわれることにより、髪の毛が生え続けるのです。
髪の毛が生えてこなくなるのは、髪の毛の生える時期「成長期」が短くなるのが原因なのです。そして新たな髪の毛を準備する「休止期」が長くなります。成長期が短くなることにより、髪の毛が伸びきる前に抜け落ちてしまいます。そして髪の毛が薄くなっていくのです。
また、抜けた髪の毛を見たら正常な抜け方か萎縮毛かを判断することもできるようです。